すぐ食べるのであれば半額ので全然構わない。

s-20130118145306103849スーパーなんかによく行くと賞味期限が今日とか明日とかの商品なんかは半額のシールが貼っています。それを見て私はラッキーと思います。半額なので高くて日頃は買わないような物でも買う事が出来ます。それに自分がほしかったものとかが半額だとすごく嬉しいです。半額はすぐに食べてしまえば全然問題ありません。それに物によっては冷凍をすればいいです。餃子とか肉、豆腐など全部冷凍してしまえばいいのです。豆腐とか冷凍して食べるとすごくおいしいです。冷凍した豆腐は炒め料理なんかに使うとすごくおいしくなります。

なので半額の時に買っておいて冷凍をしておけばいいのです。肉なんて本当に半額で安い肉を買って冷凍をしていていざ食べる時に解凍すればいいので半額だと安く肉も買えてすごくラッキーです。こういう風に食材も半額とかで買っていると食費がすごく浮きます。半額で買う事が出来ると私はすごく嬉しいです。しかも結構良い肉とかが半額になっていて安く買えるとめちゃくちゃ主婦として嬉しいです。やはり主婦として家計のやりくりとかもあるのでなるべく食費にもお金をかけたくありません。なのでそうやって半額の時とかに買って冷凍とかしておく方法はお金を節約する方法でもあります

キャッシング審査勤務先

お金の不思議な性質

s-201303021557508146お金には不思議な性質があります。それは何もしていないのに伸びたり縮んだりすることです。今まである価格で交換できた物ができなくなったり、交換できなかったものができるようになったりします。

このような現象を経済学でインフレーションやデフレーションといいます。略してインフレ、がお金が縮むことつまり価値が下がることで、デフレがお金が伸びることでそして価値が上がることです。お金は、紙や金属ですのでそれ自体には価値がありません。ただ世の中の商品と交換できることだけに価値があります。ですのでお金というのは、お金1単位当たり(日本では1円、アメリカでは1セント)に対してどれだけの商品やサービスが交換できるかだけで価値が測れます。お金が伸縮するという表現は、商品やサービスに対する定規のような働きをしている事をあらわしています。

お金は世間の経済活動の状態を表しています。お金よりも商品やサービスが多く生産されているならお金の価値は大きくなってデフレーションという状態になりますし、その逆ならお金の価値は小さくなるインフレーションという経済状態になります。インフレやデフレというのは、お金と商品やサービスの比較した量のことでどちらの勢いや生産量が多いかという相対的なものになるわけです。

キャッシング審査

宝くじ等で当選確率の高いのはどれだろうか

s-201210150900438146毎年この時期に購入していた年末ジャンボ宝くじですが、今年は買いませんでした。その代わりに始めたのがサッカーくじのBIGとtotoです。サッカーは日本代表戦くらいしか見ていなかった私がなぜサッカーくじに興味を持ったのかと言えば当選する確率です。とある宝くじの当選確率サイトを見てみたら、宝くじの1等の確率が1000万分の1となっていました。別に1等でなくとも2等。3等が当たれば満足なのですが、こうやって数字で確率を見せつけられると夢も希望もなくなってしまいます。

対してBIGやtotoの1等の確率は470万分の1と宝くじに比べると確率が高くなっています。BIGは試合の勝敗予想をランダムに決められるので自分で予想は出来ませんが、6等賞金まであるので当選確率がかなり高くなります。totoは3等賞金までですが自分で勝敗を決める事が出来るし、購入金額も一口100円なので運試しにやってみるのも良いと思います。

大金を手にするという夢を見るならば高確率の方が良いに決まっています。毎回僅かな購入資金で末端賞金にまでかすらないようではお金をかける意味がありません。先日初めてBIGとtotoを購入してBIGの6等が1口当たりました。1200円かけて570円ですから最初としてはまずまずの出だしです。続けることで億単位のお金を得られれば嬉しいのですが、当分の間は購入金に対する当選金でマイナスロスにならなければ良しとしています。一攫千金は勿論投資の意味もあるサッカーくじにかけてみようと思います。